スパイラリフト技術

実証済みの技術

スパイラリフトはリフトテーブルに組み込まれ、世界で最も効率的な多くの製造工場で使用されています。実際に、自動車関連OEMの60%以上が製造工場内でスパイラリフト技術をさまざまな形で使用しています。この技術は、絡み合った2本のステンレス鋼を使って強力で安定したコラムを形作っています。このコラムは、上向きの動きで組み立てられ下向きの動きで分解するので閉じた時の高さが業界最小です

利点

  • 省スペース
  • 低電力消費
  • 正確
  • プラグ&プレイ
  • コンパクト&軽量
  • 高信頼性と低メンテナンス
  • クリーン&高耐久性
  • 大きな高低比率
  • 拡大縮小可能&モジュラー式

ND6

  • 最大リフト容量:2500 kg
  • 最大トラベル:3.58 m
  • 収縮時の高さ:200 mm 最大リフト容量:
  • リフティング速度:最大 7m/分*
  • 低メンテナンス
  • 軽量&コンパクト
  • 最大0.75kWの電動モータの直接結合 ドライバ軸継手の使用で、より高出力での利用可能

HD6

写真ではオプションの磁器ブレーキを搭載

  • 最大リフト容量:3000 kg
  • 最大トラベル:3.58 m
  • 収縮時の高さ:200mm以上*
  • リフティング速度:最大7m/分*
  • 低メンテナンス
  • 軽量&コンパクト
  • 100万サイクル
  • 高容量
  • 最大0.75kWの電動モータの直接結合 ドライバ軸継手の使用で、より高出力での利用可能

HD9

  • 最大リフト容量:4550 kg
  • 最大トラベル:6.1 m
  • 収縮時の高さ:240 mm 以上*
  • リフティング速度:最大6.1m/分*
  • 低メンテナンス
  • 軽量&コンパクト
  • 最大7kWの電動モータの直接結合 ドライバ軸継手の使用で、より高出力での利用可能

ND18

  • 最大リフト容量:11325 kg
  • 最大トラベル:12.2 m
  • 収縮時の高さ:400 以上*
  • リフティング速度:最大 12.2m/分*
  • 低メンテナンス
  • 高トラベル容量
  • 高リフト能力
  • 設計のフレキシビリティ

IL75

  • 最大リフト容量:205~410 kg
  • 最大トラベル:1.6 m
  • 収縮時の高さ:137~162 mm
  • リフティング速度:0.6m/分*
  • 低メンテナンス
  • 最小のスパイラリフト
  • 電動モータの直接結合
  • 過酷な環境にも対応

ILR250

  • 最大リフト容量:2800~4540 kg (高トラベルでは、最大静荷重および最大リフト容量が減少)
  • 最大トラベル:7.5~8.25 m
  • 収縮時の高さ:
    • 1.2m: 405~517 mm
    • 3m: 448~560 mm
    • 6m: 577~688 mm
    • 8.25m:最大785mm
  • リフティング速度:最大12.2m/分~18.3m/分(高トラベルでは、最大速度は減少)
  • 低メンテナンス
  • 高速・高トラベル
  • 高容量
  • 過酷な環境にも対応

* 要求されるトラベル距離によります。